スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、病気のわんこ達!!




我が家の はなたれ小僧


・・・って、ホントにハナを垂らしてる写真で

ごめんなさい



DNY_1765-0108-bl.jpg




年中こんなふうに はなたれ小僧なんですが、

他のわんこ達はどうなのかな?





ダニーが肥満細胞腫の手術をしてから、

今年の4月で丸2年になります。

再発は今のところ無し。

もし、肥満細胞腫を告知されて

あのときの私のように絶望的になっている人がいたら

絶対にあきらめないで欲しい。

獣医さんが持っている教科書の

生存率のデータなんて

あてにならない。

私はそう思います。






スポンサーサイト

お久しぶりです

いきなりですが、

MacにLionをインストールしてから 重いのなんの、動かない。

PhotoshopとApertureが同時に操作できなくなるし、

文字入力もままなりません。

メモリを増設してみたら、なんとか反応してくれるようになったので

しばらくはこれでやってみます (汗)。




でっかい台風も過ぎ去り、秋らしくなってきました。

Blog、見捨てたままでした。

時々覗いていてくださった方、ごめんなさい、ありがとう!

少しずつだけど更新します。





近況ですが、

近頃、「片付け」にハマっています。

散らかっていた部屋がみるみる綺麗になってきました!

きっかけは、近藤麻理恵さん著の 「人生がときめく片付けの魔法」

という本との出会い。

いままで色んな 整理整頓系の本を読んでも全然実行できなかった私が、

今回だけは「片付け」を実行できてます!!

散らかり様が半端ではなかったので、片付けに時間を要しますが、

これを機に一気にやっちゃおうと思っています!





R0010013-0925blog.jpg



ダニーは元気です。

夏の間、足の指間にトラブルがあったりして何度か通院しましたが、

相変わらず食欲旺盛!

股関節の痛みもいまのところ無いようです。

なにより、肥満細胞腫の再発がないことに本当に感謝です。









Happy Birthday!

きょうはダニーの誕生日でした。

8歳になりました!








DSC_0771-0614-blog.jpg




何も特別なことはしてやれませんでしたが、

心から「おめでとう、よかったなあ」

って、きゅうっとしてやりました。



去年の4月に 肥満細胞腫と診断されたときには

今日のこの誕生日は迎えることができないかも・・・と

とても悲しい気持ちでいました。

ダニーのような、グレード?の悪性度の場合、

手術後の15ヶ月生存率は15%という報告がありました。

ダニーは今月で術後15ヶ月になります。

たった15%でも、あきらめずに頑張ってホントによかった~。

頑張ったのはダニーですけどね。



もし、いま、肥満細胞腫と闘っているワンちゃんがいたら

希望をすてないで前向きにいて欲しいとおもいます。




DSC_0697-0611-blog.jpg




ハハハ、こんな顔して

今日もお散歩を楽しんだよ!!





誕生日のお祝いに

ダニーが発狂するほど大好きな、

アフタヌーンティーのあんマフィンを、少し多めにあげました。




半年が過ぎました

今日の雨、かなりたくさん降りました。

雨の日のワンコの散歩は正直億劫です。





でもね、  


20101009-11.jpg



こんな風に外を見つめながら

背中から

「散歩に行きたいオーラー」を出されると

私は仕方なく、渋々カッパの用意をはじめます。


背中で語るなんて、

ニクイね~お兄さん!





ところで、
ダニーが肥満細胞腫の手術を受けてから
無事に半年目を迎えることができました。

↑ うえの写真からもわかるように、
毛も生えそろい、手術の痕もすっかり綺麗になりました。

6月20日の記事で書いているように、
手術痕の周りの皮膚の色が広範囲に黒ずんでいたのですが、
それも今ではもとのピンク色に戻っています。
手術後しばらくは皮膚が敏感になっていたのか、
それとも悪い細胞がワルサを企んでいたせいか・・・。
皮膚の黒ずみの原因は、結局獣医さんにきいてもわかりませんでした。

手術後は次々と不安な症状を繰り返し、毎週のように通院していましたが、
今は月に一度のペースで、フィラリアの薬をもらうついでに受診しています。
不安な症状が色々ありましたが、今から思えばどれも取り越し苦労でした(^^ゞ
プツンとできものを発見しては、獣医さんにすっ飛んでいくの繰り返しでした~。
どれも、「イボ」だったり、「虫さされ」だったり、「皮膚炎」だったり、
最悪なのは「錯覚」だったり・・・。
再発を恐れるあまりの過剰な心配でした(汗)

そんな私の「過剰反応」も今は落ち着いているものの・・・。
獣医さんからはいつも全身を触って出来物がないか観察するように言われていますが、
ダニーの身体をチェックするのは正直今でもドキドキなんです(-。-;)





20101009-21.jpg




皮膚の色





今日、ダニーのシャンプーをしていて改めて思ったのですが、

肥満細胞腫の手術の痕、

ちょうど ⇩⇩⇩ この辺り

20100620-danny22.jpg


傷口はきれいに治っているんですが、

手術時に広範囲に毛を剃ったところの皮膚の色が、

黒ずんでいます。

他のところの皮膚は何処もきれいなピンク色なのに

その周辺だけ黒っぽい。←心配

でも、脇の下とかお腹などの被毛が薄いところの皮膚は黒っぽいか!

毛に覆われていないところの皮膚は黒くなるものなんでしょうか??

次回診察のときに聞いてみよう。





dannyillust-3.jpg





ダニーはシャンプーを終えて、

生乾き状態の体で部屋のあちこちを湿らせています。







20100620-danny.jpg





about me

 ☆ ダニーママ ☆

author name: ☆ ダニーママ ☆



<このブログの主人公の紹介>

イエローラブのダニーです。
2010年4月、7歳を目前に「肥満細胞腫」の手術をうけました。
あの手この手で病気撃退中!
完全復活目指してます☆

ダニーの詳しいプロフィールは こちら
category
recent comment
データ取得中...
link
about author
calendar
pulldown desc asc year

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


mail
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。