スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織検査

ダニーが肥満細胞腫手術を受けたことは先日お話しました。

マージン3センチで腫瘍部分を取り除いたあとは、

その組織の詳しい検査を大学病院で行ってもらいます。

肥満細胞腫はおおむね3段階にグレード分けされます。

グレード1~グレード3までに分類され、

グレードが上がるにつれ(数字が大きくなるにつれ)予後が悪くなります。

詳しいことは「肥満細胞腫」で検索するとたくさんでてきます。



ダニーの場合、術後10日ほどで結果が返ってきました。

まず、鼻にできていたものは肥満細胞腫ではなく「毛包炎」と診断がつきました。

これは一安心。もし鼻のできモノが肥満細胞腫だった場合、

場所的に手術は難しかったので、そうでなくて助かりました。

そして問題の右後頭部の腫瘍ですが、

これはやはり肥満細胞腫と確定され、

そしてグレードは最悪の3という宣告をうけました。

担当の獣医さんもその診断結果には正直驚いたということでした。

内心、悪くてもグレード2あたりかと予想されていたようです。



この結果をうけて、私たち家族はとてもとてもショックでした。

私は、心臓が口から出てきそうなくらい(あまり適切な表現ではありませんが)

情緒不安定に落ち込みそうな、全身脱力・・・。

再発率76%、15ヶ月生存率15%・・・・。

そんな数字に絶望感が増すばかりでした。


絶望的な気持ちを切り替えるのに時間がかかりましたが、

落ち込んでばかりもいられません。

そんな暗い気持ちは敏感なワンコに伝染してしまいます。

ものは考えようです。

再発率は100%ではないぞ!

生存率だって、そんな数字は信用できない!

だって、術後元気になったら通院しなくなるワンコだっていっぱいいるし、

正確な統計のとりようがないじゃない!




またまた、重~いお話を長々と書いてしまいましたが、

このように、組織検査の結果が悪かったので、

ダニーは薬物療法を薦められました。

そのことは後日お話します。(もうしばらく重~いお話が続きますがご勘弁を!)



今日の最後に、

このブログにダニーの病気のことを書こうかどうか迷いました。

癌を克服できたよ!っていううれしいブログを続けられたらどんなにいいだろう、

けれど途中で悲しいお知らせをしなくてはならなくなったら辛すぎるし・・・。

病気のこと色々悩んだりしましたが、少し私の気持ちも落ち着いてきました。

先のことはわかりませんが、とにかく今のダニーのことを

載せていこうかと今は思っています。




20100527.jpg
今日久しぶりに撮った写真です。お鼻の上もだいぶすっきりしてきました。



今日も、ダニーは元気満々です!


スポンサーサイト
about me

 ☆ ダニーママ ☆

author name: ☆ ダニーママ ☆



<このブログの主人公の紹介>

イエローラブのダニーです。
2010年4月、7歳を目前に「肥満細胞腫」の手術をうけました。
あの手この手で病気撃退中!
完全復活目指してます☆

ダニーの詳しいプロフィールは こちら
category
recent comment
データ取得中...
link
about author
calendar
pulldown desc asc year

04月 | 2010年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


mail
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。