スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニーサンタ

sun.gif今日はいいお天気でしたが、寒かったですね。
夜になるととても冷え込んできました。

11月も中旬を過ぎ、街のあちこちでクリスマスの飾り付けを目にするようになりました。
さて、皆さんは何歳くらいまでサンタクロースからプレゼントを貰っていましたか?

20071118230517.jpg


私のもとへサンタさんからプレゼントが届いたのは小学校の3~4年生頃まででしょうか。
私の娘のダニー姉のところへは中学2年くらいまでだったかな?
私自身の幼い頃のことはあまり覚えていませんが、
娘のことはよく覚えています。
クリスマスにサンタさんからプレゼントが届くと、それはそれは大喜びしていました。
サンタさんに一生懸命お手紙を書いたりしていた可愛い頃を懐かしく思い出します。
でも、中学生にもなると、クリスマス前になると、
「お母さん、今年のクリスマスには○○が欲しいって、サンタさんに言うといてな。」
なんて言い出したので、
そんな子供のところにはもうサンタさんは来てくれなくなってしまいました。

サンタクロースは本当にいます。
実際、北欧諸国にはサンタクロースが住んでいる村がいくつもあって、
有名なところではフィンランドの『サンタクロース村』やスウェーデンの『サンタワールド』などがあります。
そのほかノルウェーやアラスカにもあるそう。
これらの村のサンタクロースからは日本にいながらにして手紙をもらえます。
日本語も堪能なので安心です。でも、なぜか有料です。


20071118231233.jpg

こんなダニーサンタはいかがですか?

Trackback

Trackback URL
http://icandoeveryday.blog110.fc2.com/tb.php/157-99b8e31a

Comment

bigsexy | URL | 2007.11.19 01:11
パパは、子供の頃、本当にサンタクロースがいればなぁと考えていましたので、
子供達には、いるのではないか!?と思わせる芝居を毎年していました。
普段帰りが遅いパパですが、
クリスマスイブは、大抵、家に早く帰って来られるので、
姿を隠しながらドアホンを鳴らして、プレゼントを置いて、
その後、何事もなかった様に、時間をおいて帰宅したり、
毎年、工夫をしていましたが、
あるとき、上の子が、「サンタクロースはお父さんでしょ!」っと言いだし、
この計画は、終焉を迎えました。
「お父さんだとは判っていたけど、おとうさんがいるのにプレゼントが玄関に.....。」
って不思議がっていましたが、wifeの存在を忘れている娘でした!(^_^;)
ダニーママ | URL | 2007.11.20 21:06 | Edit
子供心は可愛いですね。
そんな子供もどんどん成長していって、親としてはちょっぴり淋しいです。
我が家の娘も、サンタさんに一生懸命お手紙を書いていた時期があったなんて
今となっては信じられないです。
Comment Form
公開設定

about me

 ☆ ダニーママ ☆

author name: ☆ ダニーママ ☆



<このブログの主人公の紹介>

イエローラブのダニーです。
2010年4月、7歳を目前に「肥満細胞腫」の手術をうけました。
あの手この手で病気撃退中!
完全復活目指してます☆

ダニーの詳しいプロフィールは こちら
category
recent comment
データ取得中...
link
about author
calendar
pulldown desc asc year

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


mail
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。