スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新種の長芋

今日もよいお天気でお洗濯日和でした。

さて、下の写真何だかわかりますか?

IMG_0696_20071210194319.jpg

これは「和稔じょ」といいます。大根じゃありませんよ!
今日、いつも行っている八百屋のおじさんに勧められて買ってきました。
「和稔じょ」とは、新種の長芋なのだそうです。
私は長芋が好きで、しょっちゅう丸ごと買って帰るので、
八百屋のおじさんが「是非今日はこれを食べてみて!」と勧めてくれました。

「和稔じょ」←「ねねんじょ」と読みます は、北海道の幕別町農協の長芋選果場で平成10年に偶然発見されました。
長芋の突然変異体で、芋の外皮が滑らかで髭根がなくツルンとしてお肌がつるつるすべすべしているのが特徴です。
この発見は数億分の1本という奇跡の発見だったそうです。
その後研究が重ねられ育成に成功し、平成12年にめでたく登録品種となったそうです。

従来の長芋と比べてみると、お肌のつるつるすべすべ感の違いがよくわかりますね。

wanenjo04_20071210194529.jpg
上が「和稔じょ」 下が従来の長芋

私は、特に皮膚が敏感というわけでもありませんが、今まで長芋の皮を剥いていると、
いつも手が痒く、赤くなっていました。
でもこの「和稔じょ」は、皮を剥く必要がないのでとっても助かります。

早速食べてみました!
「芋」というより、フルーツを食べているように「甘い!」
甘くて、しゃりしゃりした食感です。
そのまま、調理せずにフルーツ感覚で食べてもとっても美味しいです。
そして、適度なとろみもあって最高に美味しい野菜です!!

長芋の粘り成分は、「ムチン」といい、体の粘膜を保護したり若さ維持の効果があるといわれています。
納豆、オクラ、里芋、レンコン、ナメコ、昆布などにも含まれています。

長芋のその他の効能は、・疲労回復・消化促進・便秘予防・高血圧防止・脳卒中予防・滋養強壮・精力増強・虚弱体質改善・老化防止などなど。

「和稔じょ」は JA幕別町のホームページで紹介されています。

Trackback

Trackback URL
http://icandoeveryday.blog110.fc2.com/tb.php/180-06acb690

Comment

bigsexy | URL | 2007.12.11 01:11
本当だっ!
長芋の肌が、スベスベになった感じですね。
我が家も、長芋の消費は多い方で、
千切りにして鰹節を振り掛け醤油を垂らしたり、下ろして醤油を垂らしたり、
お好み焼きに入れたりと、色々な調理法で食べています。
そんな長芋好きな我が家の中で、一番長芋が好きなwifeは、
長芋を調理していると痒くなるようです。
和稔じょは、我が家の調理法にも、マッチするのでしょうか?
ダニーママ | URL | 2007.12.11 21:13 | Edit
和稔じょ、そのままフルーツ感覚でも美味しく食べれるし、
長芋同様に調理しても美味しいです!
皮はホントに薄いので剥く必要がないです。
長芋の皮むきするとホントに手が痒いんですよね~。
是非wifeさんにお勧めします!
Comment Form
公開設定

about me

 ☆ ダニーママ ☆

author name: ☆ ダニーママ ☆



<このブログの主人公の紹介>

イエローラブのダニーです。
2010年4月、7歳を目前に「肥満細胞腫」の手術をうけました。
あの手この手で病気撃退中!
完全復活目指してます☆

ダニーの詳しいプロフィールは こちら
category
recent comment
データ取得中...
link
about author
calendar
pulldown desc asc year

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


mail
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。