スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさきゆめみし

台風接近中です。


よこなぐりの雨の中、行ってきました。


どこへ?って、梅劇(梅田芸術劇場)です。


演目は「あさきゆめみし」。うちの娘が大好きな、宝塚歌劇団の花組公演でした。


「あさきゆめみし」は、かの光源氏の生涯を描いた、紫式部の源氏物語を


大和和紀が15年がかりで少女漫画として書き下ろしたものを脚本化したものです。


光の君は、えもいえぬ見目麗しき美男子でした。


あの妖しい色気は男性には演じ得ないと思います。


光の君を演じるのは、春野寿美礼。花組の現トップスターさんです。


わたしは娘のように超宝塚ファンではありませんが、春野寿美礼の圧倒的な歌唱力は


賞賛に値すると感じました。


近く大阪で開催される世界陸上の開会式で、君が代を独唱されるそうです!

宝塚歌劇に関しては、たまにテレビで放映されているのを、偶然に目にしたことがあるくらいでした。


娘が宝塚を好きになり、色々とその魅力を聞かされるようになったのですが、


生の舞台を見ずに評価するのは間違いと思い、今日で2度目の観劇をしたという訳です。


ヅカにハマる人は結構多いと聞きます。


宝塚大劇場にしても梅劇にしても連日満員御礼。


それに何十年もの歴史を刻んでいるのですから、多くのマダムたちや乙女心を


つかんで離さない魅力がきっとあるのだと思います。


初めて宝塚大劇場で観劇したときに感じたことは、トップスターに2番手、3番手と


序列がはっきりしていて、「気持ちいい」とさえ思いました。


頑張った人や才能ある者がトップの座に君臨できる。とてもわかりやすいですよね。


次は自分がトップよ!!っていう沸々と燃え滾るようなエネルギーを感じます。


しのぎあって実力をつけていく世界、なにかスポーツの世界にも似ていますよね。


また宝塚の舞台をみる機会がありましたら、さらに考察を深めていきたいと思います。


次は8月にドラリオンを見に行く予定です。


 


 


 


 

Trackback

Trackback URL
http://icandoeveryday.blog110.fc2.com/tb.php/25-a6a81313

Comment

Comment Form
公開設定

about me

 ☆ ダニーママ ☆

author name: ☆ ダニーママ ☆



<このブログの主人公の紹介>

イエローラブのダニーです。
2010年4月、7歳を目前に「肥満細胞腫」の手術をうけました。
あの手この手で病気撃退中!
完全復活目指してます☆

ダニーの詳しいプロフィールは こちら
category
recent comment
データ取得中...
link
about author
calendar
pulldown desc asc year

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


mail
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。