スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンバーガーとエコ

ちょっと気になる情報をご紹介しますね。

私も、たまにハンバーガーを食べますが、
ハンバーガーを1個作るのに、
約5平方メートルの森林が犠牲にされているそうです!

牛や豚を飼うためには、広い土地が必要ですが、
これを確保するための森林破壊が、
世界中で進んでいるという報告があるのです。

アマゾンの熱帯雨林も、
家畜を放牧するために、どんどん伐採され続けています。
そのために、熱帯雨林に住む生物は
1年間で約1000種、絶滅しているのです。

また、牛や豚を飼育するための食料が
飢餓問題に大きく影響しています。
世界の穀物生産量は年間17億トンです。
17億トンの穀物は113億人分の食糧に匹敵します。
世界人口は65億人といわれているので、
世界総人口の2倍が食べていけるだけの穀物がありながら、
世界の8億人以上が飢えているのはなぜでしょうか?
それは、穀物生産の6割が
肉食用の家畜のエサになっているからなのです。

飢餓状態にある子どもの80%が、
食糧輸出国で暮らしているというのも事実です。
グアテマラでは、5歳以下の幼児の75%が栄養失調ですが、
にもかかわらずこの国は、毎年約1.8トンの食肉を
アメリカ合衆国に輸出しているということです。

私たちが牛や豚や鶏を食べなかったら、
飢餓で苦しむ子供たちを救えるというそんな簡単な図式ではないにしても
こんな事実を私たちが知らないで飽食を貪っているのは
間違っているんじゃないかと・・・。

また、食用に増やしすぎた牛が地球温暖化の一因なのだそうです。
原因は牛のゲップとおなら。
牛のゲップとおならに含まれるメタンガスは、
地球温暖化の原因である全メタンガスの15~20%も占めているのだそうです。
「牛は世界一の環境破壊者」と位置づけられているそうです。

こんな諸々の事実が報告されていても
相変わらず牛は増え続けていく。
世界のほんの一握りの人間の利権のために、
地球や地球上の生命ははどんどん破壊されていくのでしょうか。

ちょっと、重たい話題でした。
肉の消費を減らすことがエコに繋がることを
覚えておきたいと思いました。

Trackback

Trackback URL
http://icandoeveryday.blog110.fc2.com/tb.php/315-cf012419

Comment

Comment Form
公開設定

about me

 ☆ ダニーママ ☆

author name: ☆ ダニーママ ☆



<このブログの主人公の紹介>

イエローラブのダニーです。
2010年4月、7歳を目前に「肥満細胞腫」の手術をうけました。
あの手この手で病気撃退中!
完全復活目指してます☆

ダニーの詳しいプロフィールは こちら
category
recent comment
データ取得中...
link
about author
calendar
pulldown desc asc year

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


mail
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。