スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お星様になった ルナ

sun.gif今日も晴れでした。暑かった~~。

今日は、今年のお正月に お星様になったニャンコのルナ(ルーちゃん)のお話です。

ルーちゃんは13年と11ヶ月の一生でした。
幸せだったかどうかは
本人に聞いてみないとわかりませんが、
晩年(猫でもそう言うのかな?)は病気になってしまい可哀想なことをしたなあと、後悔が残っています。
ルーちゃんは始めはミニチュア・シュナウザーと、
その後しばらくは自分だけで、
後にダニーと一緒に生活しました。
Mシュナウザーは気の強い女の子でした。
ルーちゃんのほうが少しだけ我が家の先輩居候で、
気の強い新入りワンと、とても仲良く暮らしていました。

当時住んでいたのが、玄関からリビングまでの廊下がやけに長いマンションでした。
(広いからではなく、細長いからです)
家族が帰宅して玄関の鍵をガチャガチャしていると、
ルーちゃんはいつも居るリビングから一目散に走ってきて
いつも家族を玄関で迎えてくれていました。
そして、嬉しそうに私たちの足にまとわりつきながら
一緒にリビングまで戻るのでした。

ところがある時、家族で2泊3日の旅行に出掛けました。
そのとき私の父親にルーちゃんの世話を頼んでいたのですが、
いつものように鍵のガチャガチャを聞いて飛んできたルーちゃんは、
現れたのが家族ではなくお爺さんだったのでガックリきたようです。
1日に2回ずつくらい爺さんに様子を見にいってもらっていましたので、
そのたびにルーちゃんは今度こそと期待して出迎えていたのに、
何度も期待を裏切られガックリして・・・。
とうとう私たちが本当に帰宅した時には、
玄関に入ってもルーちゃんの姿は見えませんでした。
私たちはビックリして「ルーちゃんがおらへん!」と大騒ぎ。
慌ててリビングに走っていくと、
テーブルの下でこちらに背中を向けてイジケている ルーちゃんの後姿が・・・。
完全にイジケモードになっていました。

そんなユニークだったルーちゃんを、
今日、ふと思い出したので書いてみました。
掲載の写真はお星様になる少し前のものです。

晩年の病気は、耳の腫瘍でした。
耳からの出血が多くて大変でした。
ダニーが一生懸命ルーちゃんの悪いほうの耳を舐めてやっていました。
ダニーはルーちゃんが居なくなったことがわかるんでしょうか?
もう、忘れているかもしれませんね。
今でもニャンコのことは大好きで、
ニャンコを見かけるとブンブン尻尾を振って突進していきます。

da-kun.jpg
ボク、にゃんこ大好き!
20070803232228.gif

Trackback

Trackback URL
http://icandoeveryday.blog110.fc2.com/tb.php/52-eddfcf0d

Comment

bigsexy | URL | 2007.08.10 14:18
ダニー君のルーちゃんに対する気持素敵ですね。
ダニー君は、きっとルーちゃんのこと憶えますよ。
犬君も、パパの腫瘍のこと気付いていたし、
おじいちゃんが、半身不自由になったことを理解し、
体当たりはしなくなりましたし.....。
病気の娘との初対面では、心配そうな顔をし、
彼女のことを気遣っていました。
パパには、ガンガン攻めてくるということは、
パパが元気になったっていうことでしょうか?

パパが、人から頂いたニャンコが実家いましたが、
お転婆で、じっとできない子でしたが、
病にかかり寝たきりで、もう危ないと聞かされていましたが、
パパが会いに行くと、ニャアニャア鳴き、
こちらに歩いてきました。
何日も立ち上がることさえ出来なかったそうです。
パパに、何かを訴えている様でしたので、
「わかったよ」と語りかけると、
パパの腕の中で、ゴロゴロ.....。
元気を取り戻した様に見えましたが、
パパが帰った直後、天国へ行きました。
それからというもの、野良猫など、
パパの近くにいるニャンコは、
天国に行く前、必ずパパに挨拶に来ます。
犬君との散歩中のニャンコもそうです。
パパが、「ご苦労様。安心して行って良いよ!」
と語りかけると、ニャンコはそれ以来姿を見せなくなります。
不思議な体験は、今でも続いています。
どの猫も、パパを見ると逃げずに近寄ってきます。
何故だか、解りません.....。


ダニーママ | URL | 2007.08.10 17:43
不思議ですね。
パパさんには猫ちゃんにだけ見えるなにかがあるんでしょうか。
パパさんの守護神に猫大明神がおいでになるとか??

子供の頃から何匹もの猫と暮らしてきましたが、
どの子もユニークで可愛いかったです。
中でも一番ユニークだったのが、
小心者でへたれであかんたれだったオス猫のゴンちゃん。
はい、お察しの通り!
いま足元でいびきをかいている殿と同じです。
出来の悪い子ほどかわいいといいます。
Comment Form
公開設定

about me

 ☆ ダニーママ ☆

author name: ☆ ダニーママ ☆



<このブログの主人公の紹介>

イエローラブのダニーです。
2010年4月、7歳を目前に「肥満細胞腫」の手術をうけました。
あの手この手で病気撃退中!
完全復活目指してます☆

ダニーの詳しいプロフィールは こちら
category
recent comment
データ取得中...
link
about author
calendar
pulldown desc asc year

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


mail
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。