スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニーとの出会いPart2

今日も猛暑日でした。
昨日からダニー家は、ダニーとダニーママの2人っきりです。
いつもの朝は何かとバタバタするのですが、
ダニーと2人っきりなのでゆっくりと朝のひと時を過ごせました。
自分だけの朝食を準備し、ダニーには特製ネコマンマをつくりました。
(彼はまたしても、2~3日前からフード拒否運動を強行中です)

20070814215113.jpg


仕事に向かう時に、ふと玄関脇に目をやると、朝顔が綺麗に咲いていました。
これは何処からか種が飛んできて(?)自然に自生した朝顔です。
支柱を立ててやればよかったのですが、場所が場所なので成すがまま
地面を這わせる格好になってしまいました。

さて、今日は「ダニーとの出会いPart2」ということで、前の「ダニーとの出会い」の続きです。

前にもお話しましたが、ダニーが家族の一員になった時はすでに生後8ヶ月が過ぎていました。
ダニーはブリーダーさんの手元に種牡として置いておく予定の犬だったそうです。
ところが、イギリスからとても優秀な血統をもったラブを輸入することができたことと、
ダニーの父犬が当時まだ元気でまだまだ子出しできていたので、
ダニーを手放すことにされたそうです。
イギリスからの輸入犬が大層高額だったので、
犬舎維持のために泣く泣くダニーを手放すことになったとお聞きしました。
種牡、台牝を多数置いておられたので、維持費だけでも相当なものなんでしょう。

ダニーというコールネームはすでに付いていました。
ダニーの父親の父親(祖父犬)がダニーというコールネームだったそうです。
その、先代ダニーにそっくりの顔だったので同じ名前をもらったそうです。
ダニーの父犬ブルーも先代ダニーもとても優秀なラブだったそうです・・・・。

ダニーはすでに ある程度の訓練は入っていました。
脚側歩行や、待て、伏せ、持ってこいは、こなせていました。
但し、トイレトレーニングは未修得でしたが・・・。

8ヶ月も犬舎暮らしをしていたからでしょうか、
我が家に来たダニーは見るものすべてが怖くて仕方ありませんでした。
道端に捨てられているビニール袋や、ガードレールにかかっている布切れや、
子供が忘れていった帽子にさえ恐怖で震えていました。

ダニーが怖くて震えた物は、自転車、自転車に乗った人、バイク、老人、
車を押している老人、子供、飲食店の脇に置かれているゴミ箱にいたるまで、、
始めて見るものはほとんど全て。

人に対しては老人、子供以外にはそれほどの恐怖心は示しませんでした。
特に若い、高校生くらいの女の子には自分からクンクンしに近づいて行きました。

このようなダニーの極端な恐怖心が心配で、獣医さんに相談したところ、
ひとつひとつ「大丈夫だよ、怖くないよ」と教えていくしかないとのことでした。
老人や子供を怖がるのは、犬が老人や子供を人間と認識できていないからだそうです。
家庭犬の様に人間との接点があまり無い猟犬が、
狩りの途中で出くわした老人を噛み殺してしまうことがあるそうです。
それも猟犬が老人を人間と認識できないから起こる悲劇だと教えてもらいました。

特に車を押した老人などは、犬の目には理解不能な物体に写るようです。
もちろん、パピーの頃から人間社会に溶け込んでいる犬には何でもないことなのでしょうが、
8ヶ月間ほとんど犬だけの中で生きてきたダニーにとっては見るもの全てが恐怖だったのです。
 
ダニーが我が家にやってきてから、「怖くないよ!」と教えていく任務は
けっこう根気のいるものでした。 つづく

20070814215126.jpg

ボクもう怖くないで
20070803232228.gif


Trackback

Trackback URL
http://icandoeveryday.blog110.fc2.com/tb.php/58-3e59ae1f

Comment

犬君 | URL | 2007.08.15 00:08
ダニー君は、おいらと同じで、お利口さんだね!
おいらは、パパのお家に来た時は、4ヶ月前だったよ。
いきなりパパが、
オスワリ、フセ、オテ、オカワリの命令するから、
見せてあげたら、びっくらしてたよ。
おいらのこと、賢いって褒めちぎってくれたよ!
でも、嬉しくって興奮しちゃうと、
な~んも出来なくなって、叱られてばっか。
だから、最近は、悪賢いと褒められる?よ!
犬君 | URL | 2007.08.15 00:10
上の「4ヶ月前」は、「生後4ヶ月前」のことだよ。
おいらもパパに似て、そそっかしいんだよ!
ラビ姉 | URL | 2007.08.15 00:37 | Edit
「フード拒否運動」とはフードを食べないんですか?!(゚ロ゚屮)屮
体調が悪いとかではないんですよね?(´・ω・`)

ダニーくん、そんな経緯があったんですね~。
同じ犬舎なので、こういうお話聞けて良かったです☆
でも、犬舎生活はやはり人とのふれあいも少ないんでしょうね。
わんちゃんの性格によっても違いますが、ダニーくんは家庭犬向きなんでしょうね^^
散歩仲間のラブちゃんも昔はすごく臆病で、おもちゃも怖がってすごく大変だった、って聞きました。
ダニーくんの不安を取り除くのも大変だったんですね。
生後8ヶ月からのその訓練は余計に大変だったと思います。
でも、ダニーくんは優しい家族に出会えて幸せだ!!
ダニーママさんのブログ、まだ少ししか読んでいないのに、ダニーくんへの愛情がいっぱい伝わってきます(´∀`*)

前のコメントですが、私が音楽専攻していることはブログでも未発表ですi-278
それとなくわかる文章もありますが(笑)
ダニー姉しゃんと歳が近いかと言われれば、近いと言って良いのでしょうか(* ̄∇ ̄*)
でも高校のときの元気はもうありませんi-229
私が近頃オバサン入ってます・・・。
ダニー | URL | 2007.08.15 00:40
犬君も座れとか伏せとかビフォアー・ブレックファーストやんな!
(ボク、イギリスにいるラブと友達になってもろたから英語練習中やねん!)
ほめられて嬉しくなっていちびるんはボクだけやなかってんなあ。
ほんま、犬君とボクよう似とるわ。
ボク、お手、おかわりは犬舎で教わってなかってんけど、
父しゃんに2~3回教えてもろたらすぐできたんや。
そしたら、ボクより父しゃんが大騒ぎしてしもて、
「ダニーは天才や~」とか、
「Mシュナウザーのレイちゃんは覚えるまで何日もかかったのに~」とか、
「父しゃんの教え方が上手いからや~」とか。
ボクらにとったら、ビフォアー・ブレックファーストやのに。

犬君も同じやと思うけど、散歩のとき引っ張ったらあかんこととか、
よ~~くわかっとるやんな。
でも、時々そんなこと忘れたふりしてガンガン引っ張って
しまうんやな。
これくらいやったら怒られへんやろな~~って感じで。
大抵はうまくいくんやけど、時々「ゆっくり歩け!」って怒られてしまう。
このごろは怒られてもへっちゃらになってきたでえ。
これは父しゃんには内緒な!



ダニー | URL | 2007.08.15 01:25
フード拒否運動ですが、ダニーの体調はすこぶる良好です。
好きな食べ物を見ると洪水状態ですから。
奴は、時々(特に夏に多い)無言のストライキを起こします。
ダニーママが食事をいつもの場所に運ぶとき、
ボウルにフードしか入ってないことを奴は鼻で察知すると、
ボウルには目もくれず、そっぽ向いて知らん顔をします。
これがフード拒否運動の始まりの合図です。
(普段は食事の時には、フードのみでもジャンプして喜ぶんですよ!)
「食べなさい」って言ったら、渋々ボウルの前に行って、
2~3粒食べて、ジットリした目でママを振り返ります。
「これだけじゃイヤ!」と奴の目は語っています。
ママがそのまま放っておくと、いつまでも食べずに頑張るんです。
ダニーが根負けして何時間か後に空腹に耐え切れずフードを食べている時もあります。
これがレベル1

いつまでも食べずに頑張っていることがあります。
仕方なく、スクランブルエッグとかを食べずにいたフードに混ぜ混ぜしてやります。
するとうれしそうな顔をしてフードも卵も残さず完食します。
これがレベル2です。

レベル3になると、混ぜたスクランブルエッグのみを選り食いします。
フードはきれいに残します。

レベル4は、とにかくフードが混ざっていると食べません。
見向きもしません。

現状はレベル3.5くらいかな。
フードと水分を含むものとを一度混ぜてしまうと、
すぐに食べないとこの時期すぐに腐敗するでしょ。
なので、雑炊とか、チャーハンをつくってます。
今朝はダニーの大好物のさつま芋のお味噌汁がけご飯。
夕食はイワシとキャベツの煮付けを混ぜ込んだご飯。
という具合です。

でも、またフードだけでもモリモリ食べだしたりするんです。
それがどういうサイクルで巡ってくるのかまだつかめてません。
とにかく、奴は小心なのにめっぽう強情なのです。
へんな部分で滅茶苦茶強情です。
いったん言い出したらきかないのです。

ダニーの強情話はいつか記事にしますね!

っということで、ただいまフード拒否運動中です。

ラビーちゃんはそんなことないですか?
いろいろ変わったものを食べたがることはないですか?

それから、ラビ姉さんのHPお気に入りに貼らせていただきました!

これからもよろしくね。
蘭ママ | URL | 2007.08.15 10:44 | Edit
ダニー君、ストライキは続行中ですか?
蘭はパピーの頃一時ストライキを起こした事があります。
フードの食いつきが悪くなったので、ちょっと缶詰とか
お野菜とかささみを入れたのが運のつき・・・v-388
それ以来、入ってないと食べなくなりました。
最初の頃は、心配で心配でどうしよう・・・とオロオロして
しまい、結局また入れてしまうという悪循環の繰り返しでした。
ある時、ドッグスクールの先生に相談したところ、とにかく
我慢比べだから、決してフード以外のものを入れないように!と注意されました。
結果、1週間ほどろくに食べない日が続きましたが、最終的には空腹に勝てなかったようで、少しづつポリポリと食べ始める
ようになりました。
今では何でもガツガツですから、記憶にもないでしょうねv-8
頑固選手権、ダニー君に負けないかも~~~v-221
ダニーママ | URL | 2007.08.15 19:18
蘭ちゃんにもそんなことがあったのですね。
パピーの頃だと心配しちゃいますよね。
ダニーのように2~3日食べなくっても大丈夫そうな体格になってからだと、
「じゃあ、食べずにいなさい」って、言えるけどね。

でも、ダニーママは基本的にドッグフードを全面的に信用していません。
人間に対する食品でも、賞味期限や原材料を日常的に誤魔化しているんですから、
ドッグフードに全幅の信頼はおけません。
なるべくよさそうなものを探してはみますが、何を基準にしたらいいかもわかりません。

犬の食事に関しても色々な意見がありますよね。
ドッグフードのみを勧める意見や、本来犬は肉食だから肉のみでよいとか、野菜がいいとか、野菜は与えても意味が無いとか・・・。

よくわかりませんが、同じものばかりを与えているとリスクが大きいかと思い、
ドッグフードはいろんなメーカーのをローテーションしたりもしています。
でも、サンプルでは喜んで食べていたのに、
大きな袋で買ったとたんに食べなくなてしまったり。
難しいです。

いろいろメニューを考えて手作りしてやるのがいいんでしょうか?
でも、ドッグフード楽だもんね!

信用してないと言いつつ、ほとんどフードです・・・。
ごめんなさい、全然まとまってませんね。

今夜は、卵焼きをフードに混ぜようかと思ってます。
あの嬉しそうな顔をみると、つい甘やかしてしまいます。
Comment Form
公開設定

about me

 ☆ ダニーママ ☆

author name: ☆ ダニーママ ☆



<このブログの主人公の紹介>

イエローラブのダニーです。
2010年4月、7歳を目前に「肥満細胞腫」の手術をうけました。
あの手この手で病気撃退中!
完全復活目指してます☆

ダニーの詳しいプロフィールは こちら
category
recent comment
データ取得中...
link
about author
calendar
pulldown desc asc year

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


mail
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。