スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニーとの出会いPart4

今日もまたまた猛暑日。
ラジオで流れてましたが、例年でしたら同じ気温でも、関東地方より関西の方が湿度が高く
従って体感温度も高くなるそうです。
しかし、今年はその逆の現象が起きていて、
関西の方が湿度が低く体感気温も低いそうです。
その結果熱中症で不幸にもお亡くなりになる方は関東のほうに多いそうです。

熱中症の初期症状は立ちくらみと、こむら返りが起こるそうです。
この症状が出だしたら要注意!早急に適切な処置を!
特に老人と子供、それから体表に汗腺のない犬等には充分な配慮をしましょう!
熱中症の予防には小まめな水分補給を!
適度な塩分補給も重要です。
但し、水分補給にビールは該当しませんので!
お水かお茶で補給してくださいね。
水分が不足してくると尿の色が濃くなってくるのでひとつの目安になりますね!
ワンのオシッコの色にも注意してやることが必要でしょう。

ダニーの住む関西地方、今年の蒸し暑さは例年ほど厳しくないとはいえ、
日が沈まないと散歩には出られないほどあち~~~いです。

20070817190335.jpg
父しゃんが帰ってきてうれしいよ~のポーズ


前置きが長くなりましたが、今日は「ダニーとの出会いPart4」です。
ダニーとの出会い」「Part2」「Part3」の続編です。

「Part2」のところでお話しましたが、
ダニーは初めて見るもの全てが怖かったし、
人間のこともすごく怖がりました。
散歩中に「かわいいワンちゃんやねえ!」と、ダニーに近づいてくる人には
必ず「ウ~~~~ッ」とうなり声をあげていました。
低いうなり声を聞いて、ビックリして後ずさりする人に、
「すみません、怖がりなもので・・・」と
そのたびに頭を下げました。

ラブは盲導犬や介助犬、セラピー犬などとして活躍していますから、
体は大きいけれど、うなったりする犬ではないと誰もが思っています。
そんな先入観で、見知らぬ子供がいきなり「きゃ~かわいい~」などと叫びながら
ダニーに突進してこようものなら大変なことになります。
なにしろその頃のダニーは、子供を人間とは認識していないなのですから。

子供が走って来そうな時には、それをかわすのにダニーママは必死です。
子供ってどうして犬を見ると走ってくるんでしょうね。
せめてゆっくり近づいて欲しいものです。

そんなことも含めていろいろと獣医さんに相談をしていました。

ダニーが我が家にやってきた時には、
座れ、伏せ、待て、持って来い等の訓練はすでに入っていたのですが、
家族がダニーのリードの扱い方を学ぶため、
そして、ゆくゆくはノーリードで散歩にいけることを目指して
まずは、訓練をうけてみることから勧められました。

その獣医さんは猟犬のエアデールテリアやシェパードやラブをご自分で訓練されておられます。
たまたまご自宅のシェパードが院内にいたのですが、
ケージから呼び出されたシェパードは獣医さんに絶対服従。
物凄く機敏な動きで命令に従う姿を、目の前で見せて頂きました。
ダニーがこんな風になるとは到底思えませんが、
せめてシェパードくんの爪の垢でも・・・って感じでした。

獣医さんに女性の訓練士さんを紹介して頂きました。

ダニーには分かるのでしょうか、知らない人には必ず吠える彼が、
初めてお会いした訓練士さんには全く吠えませんでした。
先ほどの、獣医さんにもダニーは吠えませんでしたので、
これで2人目の、ダニーが吠えない人の登場です。

言い忘れていましたが、ダニーを岡山の犬舎に迎えに行ったとき、
私たちには全く吠えませんでした。
ダニーは何か運命のようなものを感じたんでしょうか、
それまで可愛がってもらっていた犬舎のお兄さんにさらりと別れを告げて、
私たちと一緒に車に乗り込んだのです。

ですので、正確には、私たち家族に次いで獣医さん、
そして訓練士さんが、ダニーが吠えなかった人間ということになります。

訓練士さんには我が家まで出張して頂くという形でお世話になることにしました。
最初は訓練内容を忘れてしまわないために、週に2回くらいのペースでお願いしていたと思います。
徐々に減らしていって、週2→週1→月2→月1って感じです。

訓練士さんの、ダニーの第一印象は「おとなしい子やねえ」でした。
やんちゃなラブだと、いきなり喜んで飛びついてきたりするそうです。
ダニーは緊張して硬くなっていました。
「誰?この人・・」と、不安だったのだと思います。

そして、初めての訓練はダニーと訓練士さんでの歩行訓練。
おやつや、ボールをうまく用いた訓練で、
ダニーはあっという間に訓練士さんの意のままに操られていました。
なんと美しい脚側歩行!
え~~~っ、あれホントにダニー???
驚きでした。

やはり、特訓が必要なのは私たち家族の方だと確信したのでした。

次は「ダニーの訓練」へ つづく

20070803232228.gif

Trackback

はじめまして
はじめまして、記事拝見しました。関連記事だったのでトラックバックさせて頂きました。
2007.08.18 00:32 | isimaru6
Trackback URL
http://icandoeveryday.blog110.fc2.com/tb.php/61-e17fbe7e

Comment

犬君 | URL | 2007.08.18 00:16
ダニー君もみんなと運命的な出会いをしたんだね♪
っというより、出会うべくして出会ったって事かな!
おいらも、パパとの出会いは、
ず~っと前から決まっていたと思っているんだ!
パパのblogのカテゴリ「脳下垂体腫瘍(クッシング病)」を読んでみてよ。
そこに、出会いの事、書いてあるそうだから。
ダニー | URL | 2007.08.18 00:59
犬君とパパさんの出会いのことは、前にボクの母しゃんから聞かせてもろたよ。
お姉しゃんも一緒に聞いとったけど、
お姉しゃんは犬君がパパさんの病気のところをペロペロしたことに、
めちゃくちゃ驚いとったよ。

ボクらの鼻は性能がええから、何でもお見通しやんな!
でも、犬君の鼻はすごいなあ!
Dr.犬君! これからもその鼻で家族を守ってな!
ボクも鼻炎を治してがんばるでえ~~。
犬君 | URL | 2007.08.18 12:22
パパに言われちゃった!
ダニーママさんに、
おいらとパパの出会いの記事紹介したって!
Comment Form
公開設定

about me

 ☆ ダニーママ ☆

author name: ☆ ダニーママ ☆



<このブログの主人公の紹介>

イエローラブのダニーです。
2010年4月、7歳を目前に「肥満細胞腫」の手術をうけました。
あの手この手で病気撃退中!
完全復活目指してます☆

ダニーの詳しいプロフィールは こちら
category
recent comment
データ取得中...
link
about author
calendar
pulldown desc asc year

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


mail
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。